日本しんがり新聞社

ボケ老人の妄想記事ですから、怒らないでね…(^ ^)

「あしなが学生募金」について

少し前ウインズ立川の帰り、当然馬券を買った帰りなのだが、立川駅に行くと昭和の若者数人がノボリの下で何か叫んでいた。

「あー、なんかの募金かな…うん、ここで良いことをしたら馬券の神様も機嫌を良くしてこの馬券が当たるかもしれない…」

金にまみれた日本万馬券研究所の所長はポケットの中にあった小銭をグンっと握り締めて、一度手のひらの中を確認した…

「あっ、このおっきいのはやめとくか…」

彼は手のひらから1枚の500円玉をポケットに戻した…うーん、悲しい話だなぁ…(^_^;)


…で、残った小銭を若者の持つ小箱の中にジャラジャラ流し込んだ。すると若者は満面の笑顔で「ありがとうございます!これ読んで下さい!」と小冊子を渡してくれた。「頑張ってネ!」自己満足に浸った所長は笑顔でそれを受け取った。


「あはは、今日は良いことしたから、絶対馬券が当たるぞ!」

研究所に帰るなり所長はそう言って、ポケットに突っ込んでた小冊子を机の上に投げ捨てた。

「何、それ?」

「募金をしたらもらった…」

「ぼ、募金?珍しい…雪降るぞ!」

「ふざけんな!馬券当たっても知らんからな!」

所長はその後も何かわめいていたようだが、記者はその小冊子が気になり…

あしなが学生募金育英会じゃないんだ…うん?募金しても税額控除の対象にならない!って…何故?」


…で、ググった結果が以下の通り…


あしなが学生募金」は一般財団法人あしなが育英会」の事務局が行なっている。一般財団法人なので税額控除の対象になっていない。会長の玉井善臣氏は、日本育英会を立ち上げた人物であるが、文科省の介入に嫌気がさして日本育英会を辞め、あしなが育英会を始めた…らしい。


…で、玉井氏は寄付金の半分を国内のいろんな遺児の奨学金に使用し、残り半分をアフリカの遺児の奨学金にしている。また、地方出身者の為に学生会館も運営している…らしい。


ふむふむ、奨学金をもらった学生に事務局を任せ募金を集めている…らしい。


ふーん、半分をアフリカに寄付してらのは、遺児達が卑屈にならない為かな?自分達はもらうだけではない、世の中(アフリカ)の為にも活動しているって誇りを持って活動させる為なのかな?


ほーっ、文科省としてはこれも気にいらない!なんで全額国内遺児に使わないんだ?学生会館もいらない!らしい。何っ、高い給料の天下りを嫌ったのが原因で日本育英会を追い出された?だから、税額控除も受けない一般財団法人のままなんだ!…

そう言う事だったのか…Σ('◉⌓◉’)




「何故だ!募金もしたのに、何故馬券が外れるんだ?神様は何を見て…あっ、500円をケチったところだけ見てたの?うーん、天罰が…(T-T)…」


…あれ以来、所長の馬券は当たりません。何故でしょうか?

A I (人口知能)による競馬予想は可能か?

姉妹紙の「日本万馬券研究所」所長の話によると、競馬予想界でもAI(人口知能)を用いた予想が花盛りの様です。手作業でパソコン入力し色んな要素を考慮して予想をアナログ的に仕立てる所長としては、あんまり面白くないようですけどネ…(^^)


しかしであります。ビックデータを元に競馬で儲けようとすると一つの大きな落とし穴に落ちるんじゃないか?と記者は思うのであります。


つまり、競馬で儲ける為には、的中率を上げるか?回収率を上げるか?になる訳です

(的中率と回収率を両立させるのが理想ですけど、的中率と回収率は反比例する馬券のシステムなので、それは無理なのです!)

けど、簡単なのは回収率を上げる方法でして、過去の特大万馬券の共通点を見つける事が出来れば、それは「立派な競馬必勝法」になります!だって、特大万馬券を1回当たれば年間回収率が100%を簡単に超えますからネ。

(例えば、年1回100万馬券を当てられるなら、年間投資を100万円未満に抑えたなら年間回収率は100%を超える事になります。)


JRA_VANの過去データを分析すればこれは可能な事かもしれません。優秀なAIならこれに気付かない訳はないと思うのです。


特大万馬券は、人気の集中した馬が下位に沈んだ時に発生しますから、人気が集中した馬がいるレースで穴狙いをし続ければ、これは可能であります!


優秀なAIがこれに気付かない事は考えられません!的中率を重視するAIが回収率で100%超える事は不可能な事は、その中心にいる競馬マスコミの関係者が誰一人競馬で儲かっていない事実が証明しています。控除率が25%の競馬では無理なのです!


そうすると、AIは自ずと穴狙いに特化して行くようになります。そして、賢いAIほどその傾向が顕著になるのは当然の帰結です。


…で、そんないつ当たるか分からないAI予想のどこが面白いのでしょうか?いっつもとんでもない穴狙い。そして、いつまで続くのか分からない外れ馬券の山。確かに年に1回は当たるかもしれませんけど、その当たった時に都合悪く馬券が買えないとしたら…運の悪い人ってそんな事の連続ですよね!


ほらっ、こんな競馬のどこが面白いのですか?例えトリガミであったとしても、時々当たるから競馬は楽しいのです!そう、人間は機械ではありません。外れ続けたら心が折れます!そして「もう絶対当たらない!こんなのインチキだ!」と思い込みます!「もうイヤだ!」と絶対になるのです。


だから、所長も安心して下さい。AI予想は一時はやる事もあるでしょうが、すぐに飽きられます!AI予想はその運命にありますからね…(^。^)


けどネ、所長さん。所長さんの予想ももう少し当たらないとダメですねー…(≧∀≦)…もう、飽きられてますよーん…ʅ(◞‿◟)ʃ




カネカ育休問題の教訓

6月初め一つのツイートから始まったカネカ育休問題ですが、半月経ってだいぶ落ち着いて来ました。


一応カネカの鼻差逃切り勝ちのようですけど、SNS中心主義の学生さんにはカネカのブラック企業ぶりが蔓延しましたから、長期的にはカネカの未来は明るくありません。また、当然社員のモチベーションも下がったままですから、優秀な社員は他社から狙われる事でしょう。


しかし、現経営陣としては当面の危機脱したと安堵している事でしょう。彼らとしては10年後の事なぞ知ったことではないですからね。


この際どい勝利の最大の要因は、日頃大量のCMをテレビ流していた事です。営業から制作に圧力があった事は安易に想像できますからネ。


お陰でネットであれだけ叩かれながら、テレビではニュースやワイドショーでは大して取り上げられなかったので、多くのテレビ族である中年以降の国民には知られる事も無く収束しそうです。今後はテレビ東京にもCMを増やしていく方向でしょうから、もう大丈夫です。


しかし、ネットは怖い!今までなら会社側の圧勝で終わるケースでも、今回のように大ごとになるケースが多くなるでしょう。経営陣は勿論、末端のレベル迄ちゃんとしないと足元をすくわれるケースが多く出て来ます。過去のあなたの会社の常識はもはや世間では通用しないのです!


これは、リスク管理の問題です。カネカのようにテレビ局に常に大量の金をばら撒く体力があれば良いのですが、そうでない会社は大変です。一歩対応を間違えたら、貴方の首が飛びます!セブンイレブンはあれだけCMを流していたのに、対応の不味さから失敗した悪例ですから、気を引き締めましょう!


また、どんなに頑張っても事件は起こります。その初期対応をいかにするのか?これは経営陣の責任でもありますから、危機管理に手を抜いてはいけません。危機を危機として認識出来る能力が貴方に本当に有るのかどうか?もう一度確認しましょう!過去の認識を改めましょう!



以上が「カネカ育休問題」の教訓でした。こんな時代に経営陣になったご自分の不運を嘆いても仕方ありません。1日でも長くその椅子に座っていたいなら頑張るしかありませんから、頑張ってネ!…(*^o^*)

老後2000万円を簡単に貯める方法

金融庁の報告書によると「人生100年時代」を普通(?)に生活する為には年金だけでは足りず、2000万円が不足するそうです。尚、夫婦二人で年金月額20万円もらえるのがモデルケースになっていますから、国民年金しかもらえない自営業者や企業年金の無い中小企業の多数の方は、これでは足りませんからご注意下さいネ(^。^)


しかし、お上が調べた平均は、本紙が納得出来ないとしても、20万円だそうですから、これに基づいて話は進みます…


自民党政権は否定しますが、今後年金受給開始は70歳になります!そして、人生100年時代が間も無く来ます。…って事は、20歳から働くとして50年間で2000万円貯める必要があるって事ですネ(^。^)


残念な事に、現在でさえ国の借金は1000兆円以上ありますから、この利息は1%とすると年10兆円になり、税収の15%前後ありますから、日銀が公定歩合を引き上げる事は簡単ではありません。だって、国債の利率が2%になったら国の財政は破綻しますからネ!だから、今後貴方が生きてる間は低金利が続くので、今後も預貯金の金利上昇はありません!


よって、貴方は金利をあてに出来ませんから、2000万円を丸々貯める必要があります。


…で、これを簡単に貯める方法ですけど、20歳から毎月3万円を貯金して、ボーナス月は2万円プラスすれば、年額40万円になりますから、これを50年間続けたら、ホラッ!簡単に2000万円になります!…(^。^)


月3万円というと大変そうですけど、1日当たりたったの千円ですから簡単ですネ!飲みに行ったり、ギャンブルしたり、高い化粧品を買ったりしなければ良いだけの話ですヨ!晩御飯のおかずも一品減らしましょう!車も処分しましょう!


ほーら、月3万円の貯金は簡単ですネ…(^。^)…サァ、今日から頑張りましょう!



えっ、貴方はもう40歳で子供も二人もいるんですか?「月3万円なんて絶対無理だ!」と仰っても、本紙は20歳の人に提言してるのであって、40歳の貴方の事なぞ知りません!第一、貴方は月3万じゃ全然足りませんし…日本政府も年金月額20万円以下の人の事は考慮に入れていませんから、本紙だけにそんな事を言われても困ります!!


年金がこうなる事はたいぶ前から分かっていたのに、それをほっといた厚労省とそれを指導する立場にあった日本政府とその政府を選挙で勝たせた日本国民に文句を言って下さい。本紙に文句を言うのはお門違いじゃありませんか?…ʅ(◞‿◟)ʃ



あっ、そうだ…(*^o^*)

本紙は時々「愛読者プレゼント」を実施しており、この春にも「一億円プレゼント」を実施し成功した実績があります!…って訳ですから、今後も本紙を愛読し続ければ大丈夫!…かもしれない?(^。^)


開店休業中…m(_ _)m

最近、高齢ドライバーの悲惨な事故が多くて、(自称88歳なので)他人事ではありません!


そこで、運転技術向上を目指して、只今特訓中であります!しかし、歳には勝てません…反射神経がありません…目が見えません…脚がいう事を聞きません…腰が痛いです!…(T-T)


…てな訳で、長文の記事を書く精神的な余裕がありませんので、残念ながら、こちらは開店休業中となります…m(_ _)m


尚、ツイッター(@singarinews)には時々投稿していますから、安否確認をしたい方はご覧下さい!


                   …かしこ

日本ダービーを当てた所長が不機嫌な理由

先週、全国の金の亡者と一攫千金を夢見る貧乏人がなんと250億円を投じた「日本ダービー」が実施された。そして、勝ったのは18頭中12番人気の馬だったもんで、99%の亡者と貧乏人は茫然自失の状態でゴールラインを過ぎる馬達を見送り、そして、天を仰いだ…

「…神は、我を見捨てたか…(°_°)」



まぁ、本紙のギャンブル班は運良く当たり馬券を手にした様だが、しかし、所長の眼は怒りに震えていた!


「おいおい、当たったんでしょう!おめでとう!俺、鰻が食い…あれっ、なんで怒ってるの?」

「…イヤ、タイムが…」

「おーっ、レースレコードだね。凄いネ!」

「違うっ!こんな高速馬場にして…JRAはいったい何を考えているんだ!」

「はぁ?勝った馬が強いんじゃないの?」

「アホっ!だから素人は…イヤ、すまん。最近の東京競馬場コースレコードが連発してるんだ。この前なんか世界レコードが出て…」

おーっ、凄いネ。」

「うーん、馬は500キロ近い体重を細い4本で支え、最高時速80キロで走る。その時、馬の脚には数トンの負荷がかかっている!分かるか?早いタイムが出るって事は、コースが固いって事で、それだけ馬の脚に負担がかかっるって事だ!つまり、タイムが早いと馬の怪我の確率がドンと跳ね上がる!」

「そりゃ大変だね…」

「大変どころじゃない!馬が脚を骨折すると生死に関わるんだぞ!」

「えっ、骨折程度で…何故?」

「馬は太古の昔から草食動物で肉食動物のエサになっていた。ツノも甲羅も無も無い、あるのは逃げ足だけだ。だから、いつでも逃げられるように、寝る時も4本脚で立って寝る。しかも、三本の脚で身体を支えると一本にかかる負担が大き過ぎて病気になるし、横たわると自分の重さで内蔵がやられる!つまり、骨折は馬にとって致命傷になる!」

「そ、そうなんだ…」

「過去、何度か骨折した名馬を救おうとしたが、それは馬を長く苦しめただけで、人間にはどうしようも出来なかった。だから今は、状況によって注射を打って…予後不良と発表される…」

「うーん…かわいそうだね…」

「こんな事は、JRAだって知ってる筈なのにドンドンコースは早くなる。厩舎やオーナー達も何も言わない!マスコミは世界レコードと騒ぎ立てる!この国のサラブレッドは不憫この上ない!…これって、どう思う?」

「うん、競馬をファンが立ち上がるしかないね!」

「そうだ!みんなでJRAに抗議しよう!スポーツ紙に『バカな煽り記事は書くな!』とメールを送ろう!」


丸山君の生存戦略

酔っ払ったのでついつい日頃考えていた本音を、一番してはならない立場の人間に、よりによってマスコミ関係者がいる目の前で、言ってしまった丸山.A.穂高(仮名)君でありますけど、彼にだって都合というものがあります。


いくら東大を卒業して、高級官僚から国会議員になった華麗な経歴があるからと言って、アルコール中毒の可能性があり、暴言やトラブルを繰り返す人間を雇ってくれる会社はありません。心情的には理解出来ても、彼を雇ったらやっと築いた信用を失う可能性がありますから、彼の採用に躊躇するのも仕方ありません。


また、酒のトラブルはいつのものか分かりませんが、高級官僚時代にしても国会議員時代にしても、そのトラブルが公になると損をするのは彼ですから、それをもみ消す為に彼が大金を支払った事は容易に想像できます。つまり、彼には今金が無い可能性が大であります。


お金も無く、就職のアテもない!そんな彼が毎月大金をくれる職を手放すはずはありません。だって法的に辞める必要は無いのでするからね。これは東大で学んだ事です!


しかし、ここで一つ問題が…亜米ちゃんの専権事項がいつ発動されるか?非常にキナ臭い状況に現在陥っているからです。亜米ちゃんの気持ち一つで、彼は唯一の食い扶持を失います。これはよろしくありません。党を除名され無所属になった彼が大阪の選挙区で勝つことはまず無理です。また、無所属だと比例復活もありません。


しかしです。彼の主張は一部の人の間では非常に高く評価されています。それが正しいかどうかはともかく、彼と同じ考えの人はいない訳ではありません。そうです、彼の同志は全国に散らばってはいますが、全国的見たらすごい数になる可能性があります!


よって、A.穂高君は、参院選挙の比例区に立候補するべきなのです。参院比例区は全国区ですから、彼の当選確率は衆院選挙の10倍以上に跳ね上がります!


まぁ、その為には新党を立ち上げる必要があり、ある程度の候補者を集め、供託金も莫大になりますけど、座して死を待つ事が正しい道でしょうか?


戦争も辞さない強力な外交政策、外国人を排斥し日本人による日本人の為の内政政策。そうです!トランプ流の政治を日本で実行する為の新党を立ち上げるのです!これぞ多数のネトウヨ君たちが望んだ政治なのです!民族主義に裏打ちされた強権国家、これは現在社会の最先端の政治の形なのです!誰に非難されるものでもありません!


それでも非難したいなら、まずトランプ君を非難して下さい。そして、それに全面的に追従し、アメリカから兵器を買い漁り、変な言いがかりや関税を受け入れる亜米ちゃんを非難して下さい!



「何ですか?日本しんがり新聞は丸山君の味方か?」って言うのですか?そうかもしれませんね…(^ ^)


しかし、参院選挙に出るという事は、衆院議員を辞める必要がある事を忘れては困ります。そして、彼の大阪選挙での当選確率は高く見積もって1%。参院選挙はその10倍ですから10%ですネ。ご理解できますか?本紙の真意が…(^_^;)